デラックス ダイターン3
ダイカストデラックスセット
クローバー
1978年発売 定価3500円
※定価は箱のNoから推測しているので実際の価格と異なる場合があります。

1978年放送のアニメ「無敵鋼人ダイターン3」全40話に登場する主役ロボ。

ダイファイター、ダイタンク、ダイターン3の3形態に変形。

商品名違いのパッケージが存在。前期は「チェンジダイターン3・ダイカスト変身セット」。
後期は上の写真「デラックスダイターン3・ダイカストデラックスセット」へと商品名が変更されています。

さらに前期版にステッカーを貼った中期版もあります。

また初期版はふとももがパッケージ写真と同じ白いプラ製でしたが、後期版は無塗装のダイキャスト製に変更されています。

さらにカタログでは「コンビネーションダイターン3」という商品名でした。

 

デラックスダイターン3 内蓋

付属品が多いのでカラーリングと合わせて、とても賑やかな内蓋になっています。

当時の玩具としては、武器が豊富に付属。

内蓋の商品名もパッケージに合わせて変更されています。

 

デラックスダイターンスリー箱  天面・底面

 

       

デラックスダイターンスリー箱 側面 左・右

各メカの透視図がバッチリ描かれています。

 

デラックスダイターンスリー付属品

主翼・左右、アームカバー、ブースター、垂直尾翼、ジョイント、キャタピラジョイント、ジャベリン(ヤリ)

ハンマー、ジャベリン(モリ)、ダイターンクラッシュ(パンチ)、キャタピラ小、キャタピラ大、砲身

 

デラックスダイターンスリー説明書

 

中は説明書と商品カタログが一緒になっています。なかなか珍しい形式です。

 

1つ1つ細かくイラストで変形の解説が描かれています。

 

カタログに出ているダイターン3商品ラインナップ

価格と合わせて製品の大きさをセンチで表記。値段と大きさが書いてあると親御さんにもわかりやすいですね。

ちなみにこちらのデラックスは20.4cmと詳細まで書いてあります。

 

ステッカーは一部使用しています。

 


 

ダイファイターの組み立て

 

  

ダイファイター(Dai Fighter)

独特な形状をした巨大な重戦闘機。アニメと違いジョイントを使いキャタピラを装着。

派手な感じが玩具らしくて良いです。

ただし後部に着陸脚がないのでバランスよく接地できないという点もあります。

 

ダイファイター サイドビュー

キャタピラの底部の車輪でコロ走行できます。

 

キャタピラを外した飛行状態

 

ダイファイター リアビュー

 

 

 

武器を装着したパッケージ写真の状態

クローバーらしい形態です。

スイッチを押せば武器を発射できます。

 

劇中では主人公 破嵐万丈が乗るマッハアタッカーが底部に格納されます。

 

バックパック、キャタピラを外してアニメに近い状態

背中がちょっと寂しいですね。

 


 

ダイタンクの組み立て

  

ダイタンク(Dai Tank)

重戦車形態。ダイファイターから足を折り曲げパーツを装着して完成。キャタピラは大に変更します。

 

ダイタンク サイドビュー

キャタピラ底部に車輪があるのでコロ走行できます。

 

ダイターンブースター(Daitarn Booster)

使用しないパーツを組み合わせた玩具オリジナルメカ。

 

武器を装着したパッケージ写真の状態

 

ミサイルとジョイントの径が同じなので空きのジョイントに武器を追加することもできます。

 

カバーとウイング、追加武装を外したテレビアニメに近い状態。

 

 


 

  

「チェーンジ!ダイターン!!」

キャタピラ小を背中に付け、ウイングとカバーを装着します。頭部カバーを展開します。

 

胸カバーを開き頭部を内部から引き出します。最後にパンチを装着。

 

  

デラックス ダイターン3(Daitarn 3)

変形というよりはパーツの付け替えがメインなのでプロポーションは良好です。

腕の十字がないのが残念ですが、それ以外の頭部造形や胸の立体的な装飾、複雑な足の形状などしっかり造形されています。

ダイキャストパーツは胴体、太もも、スネに使用。

大きさは約21cmですが、重量があります。

 

パンチを発射!

説明書ではパンチの名称は「ダイターンクラッシュ」に。これは、劇中キック技の名前でしたね。

 

胸カバーを開けるとステッカーで内部メカを表現。

 

足の角はメッキです。

頭部カバーを含めメッキ箇所のセンスが良いですね。

 

  

可動は肩、肘のみ、肩を広げることもできます。

 

ダイターンハンマー、ダイターンジャベリン(ヤリ)

それぞれパンチの穴に装着します。

ハンマーは糸を通して腕と結び遊ぶことができます。ハンマー中心部分はゴム製。

ダイターンジャベリン(ヤリ)は形状はお腹から発射するダイターンミサイルっぽいですね。

 

  

ダイターンザンバー、ダイターンジャベリン(モリ)を装備

ジャベリンはジョイントとダイタンクの砲身を組み合わせます。

余剰の砲身パーツを使った素敵なアイデアだと思います。

 

ザンバーもヤリの様にできます。

 

  

ダイターン3 フル装備状態

共通のジョイントを利用したフル装備。

玩具オリジナル形態ですが、余剰パーツを出さずにパワーアップができる凄いプレイバリュー。

何故か説明書には一切表記がなくパッケージ写真のみでこの形態の存在を知ることができます。

 

キャタピラにジャベリンで、これぞ!クローバー製ロボット玩具という素敵な形態。

大キャタピラの車輪を利用してコロ走行もできますが倒すと部品が折れそうなので注意が必要です。

 

ちなみにロボ形態(武器なし)で余ったパーツを集めてこんな感じのダイターンブースターも作れます。

 

ダイターン3 組み換え例その2

上記のとおりミサイルの径とジョイントの径が同じなので色々と付け替えて遊ぶことができます。

余剰なしフル装備に拘らなければ更に色々遊べます。

 

最後にGX-53超合金魂ダイターン3と並べてみました。

魂版はさすがにメリハリあるカッコいいプロポーションですね。

しかしながらクローバー版もプロポーションや造形は当時玩具としてかなり良好ではないでしょうか。

 

クローバー デラックス ダイターン3 ダイカストデラックスセットでした。

 

 

original post from funtotoy2016/03/23
update2017-11-20