DX HICOMPACT MODEL
(DX ハイコンパクトモデル)
ジャンブー・ガラット
バンダイ
1984年発売 定価不明

  

1984年放送のアニメ「超力ロボ ガラット」全25話に登場するロボット。

劇中で超合金という名称が登場しますが、玩具は超合金ブランドで発売されず、DXハイコンパクトモデルというブランドで発売。

他にもDXのつかないハイコンパクトモデルではディフォルメのマクロス バルキリーが発売されましたが、残念ながらDXハイコンパクトモデルの後続商品は展開されなかった様です。

完成品プラモデルがコンセプトのハイコンプリートモデル(HCM)と名前が似ていますね。

超合金シリーズのような玩具らしいイメージは出さず、アニメイメージを強調したパッケージが84年という年代をものがたります。

 

ジャンブー箱  側面・左右

 

ジャンブー箱  天面・底面

 

ジャンブー付属品 取説とガラットディバイザー、バンザイ剣

簡素な取説です。

 

  

ジャンブー・クルット ギャグタイプ(Jumbow Kurutt)

主人公、マイケル・マーシュの乗るロボット。普段はマイケルを背中に乗せて通学。

非常時に中間形態のジャンブー・クルットに巨大化。

腹部のパイプは軟質パーツ、マニュピュレーターハンドと上腕はメッキ仕様。

頭部の作りも細かく、コミカルな感じでとても良く表現されています。瞳はシールです。

 

  

可動部分は肘と膝のみ。

 

付属武器 バンザイ剣

 

バンザイ剣をハンドに差すことができます。

 

 


 

クルッとシリアスタイプにガラット変形!!

 


 

背中のウイングを閉じます。(ウイングは左右連動して閉まります。)

 

腕を上げます。(内部にある瞳パーツが連動して動きます。)

簡単な機構ですが楽しいシステムです。

 

ギャグタイプの腕にシリアスタイプの足首を回転させます。

 

  

胸のカバーをはね上げ、顔を隠します。

 

  

クルッと上下、表裏を回転させギャグタイプの足を開きます。

 

 

  

腕カバーを動かし、腕側面のボタンを押して拳を出します。(拳はスプリングでパシャッと飛び出します。)

 

背中を開き、頭部を出します。

 

  

ジャンブーガラット シリアスタイプ(Jumbow Galatt)

シンプルな変形工程でギャグからシリアスにガラッとイメージが変わります。

頭部造形はもちろん、胸のGマークもちゃんと別パーツになっておりプロポーション、ディテールなど玩具過ぎずプラモ的過ぎず、かなりの完成度。

更に関節にもクリックやラチェット構造が多くカチカチと楽しめます。

腰部分にダイキャストを使用。大きさは約20cm。

 

とても良い頭部の造形。角は軟質パーツです。

 

  

肩、腕、肘、膝、足首が可動。

変形の都合もあり足を開くこともできます。

これで上腕、太もも、足の付け根、首が動けば現代でも遜色のないレベルではないかと思います。

肘、膝はクリック関節、肩と足の付け根はラチェット構造。

 

ガラットディバイザー

 

ガラットディバイザーを持たせることができます。

 

 

ジャンブー・ガラット比較。

2013年に発売されたメガハウスの「ヴァリアブルアクション ハイスペック ジャンブー」と並べてみました。

こうして比べてみるとプロポーションが全然違いますが、単体でDXハイコンパクトモデルも劇中のバランスに近く悪くないと思います。

 

シリアスモードで比較。

ヴァリアブルアクションのシリアスタイプ大きさはほぼ同じですね。

可動はさすがにヴァリアブルの方が優秀ですがプロポーションはDXハイコンパクトモデルも負けていないと思います。

またヴァリアブルアクションはメタリックカラーなのでDXハイコンパクトモデルみたいなアニメカラーも欲しいですね。

 

DX HICOMPACT MODEL ジャンブー・ガラットでした。

 

 

original post from funtotoy2016/10/03
update2017-11-26