DX HICOMPACT MODEL
(DX ハイコンパクトモデル)
パティーグ・ガラット
バンダイ
1984年発売 定価不明

  

1984年放送のアニメ「超力ロボ ガラット」全25話に登場するロボット。

メッキやダイキャストを使用したDXハイコンパクトモデルというブランドで発売。

他にもDXのつかないハイコンパクトモデルではディフォルメのマクロスバルキリーが発売されましたが、残念ながらDXハイコンパクトモデルの後続商品は展開されなかった様です。

完成品プラモデルがコンセプトのハイコンプリートモデル(HCM)と名前が似ています。

 

パティーグ箱  側面・左右

 

パティーグ箱  天面・底面

 

パティーグ付属品 取説とパティーグスライサー、やったねトンカチ。

 

  

パティーグ・クルット ギャグタイプ(Patyge Kututt)

主人公マイケルのガールフレンド パティ・パンプキンの乗るロボット。

普段はパティを背中に乗せて通学。非常時にパティーグ・クルットに巨大化。

ジャンブーではシール仕様だった瞳は塗装です。

 

  

可動部分は肩、肘、足、膝

 

付属武器 やったねトンカチ。

 

やったねトンカチを持たせられます。

 

 


 

クルッとシリアスタイプにガラット変形!!

 


 

  

背中のウイングを閉じ、腕を上に向け、関節を縮め、頭部カバーを下ろします。

 

ギャグタイプの拳を収納し足首を起こします。(収納した拳はスネのボタンを押すと飛び出ます。)

 

  

上下を逆転させて肩を回転させます。腕のボタンを押すと拳が飛び出ます。

 

最後に胸中央のボタンを押すと頭部が飛び出ます。

 

  

パティーグ・ガラット シリアスタイプ(Patyge Galatt)

シンプルな変形工程でギャグからシリアスにガラッとイメージが変わります。

ジャンブーと同じく頭部造形やディテールなど玩具過ぎずプラモ的過ぎず、かなりの完成度。

またピンク、赤、白というカラーリングも綺麗で女性ロボらしい雰囲気も良くでています。

 

更に関節にもクリックやラチェット構造が多くカチカチと楽しめます。

ダイキャストは足の付け根に使用。大きさは約20cm。

 

頭部の造形は良好です。

 

  

肩、腕、肘、足、膝、足首が可動。

これで二の腕、太もも、首が動けば更に完成度は高かったと思います。

肘、膝、肩と足の付け根はクリックとラチェット構造。

 

付属武器 パティーグスライサー

 

パティーグスライサーを持たせることができます。

 

 

バンダイ DX HI COMPACT MODEL パティーグ・ガラットでした。

 

 

original post from funtotoy2016/10/03
update2017-11-26