1/55 VF-1S バルキリー ロイ・フォッカー機
復刻版バンダイ 2001年発売

オリジナル版
1/55 バトロイド バルキリーVF-1S
タカトクトイス 1983年発売

1982年放送のアニメ「超時空要塞マクロス 全36話」に登場する可変戦闘機。

※箱はありません。

 

こちらは1982年に発売されたタカトクの傑作「1/55バトロイドバルキリー」を2001年にバンダイが新規金型で復刻したバージョンなります。

全体的にオリジナルをリスペクトしたとても忠実な復刻がなされています。

復刻前はVF-1S型がもっとも多く発売された型で

タカトクトイス

  • VF-1S
  • VF-1Sスーパーバルキリーセット
  • VF-1Sアーマードバルキリーセット

バンダイ Hi-METALシリーズ

  • VF-1Sストライクバルキリー
  • VF-1Sスーパーバルキリー(頭部 他一部改修)

計5種類存在しています。
※トランスフォーマーのG1ジェットファイヤーを入れると6種!

 

付属品はミサイル、ガンポッド、キャノピーカバー、アタッチメント

他に説明書とステッカーが付属します。ステッカーは1部使用。

頭部とカラーリング以外の基本的な構造は「VF-1J」と同じです。

 

  

VF-1S ファイター形態(Valkyrie Fighter)

タカトク版よりもイエローが明るくなっています。

パイロットはロイ・フォッカー。機体は通称ロイ・フォッカースペシャルと呼ばれます。

 

ロイ・フォッカー機の特徴スカル小隊のマーキング

 

 


 

  

VF-1S ガウォーク形態(Valkyrie Gerwalk)

 

 

 

 


 

  

VF-1S バトロイド形態(Valkyrie Battroid)

劇中よりも頭部は四角い造形ですが雰囲気はよくでています。

1990年にバンダイから発売された「HI-METAL スーパーバルキリー」では頭部が新規に造形されました。

こちらの復刻版は改修以前(タカトクトイス)の状態に復元されています。

 

 

  

 

 

アタッチメント装着

アタッチメントでガンポッドを腕に固定できます。

 

 

タカトクオリジナル版と並べてみました。

右のタカトク版は幼児が遊びまくったのでボロボロですが、頭部レーザー砲の折れのみで変形機構などちゃんと生きています。

作りがとても頑丈なことを証明していますね。

キャノピーカバーのドクロマークは落ちてしまってます…。

 

唯一、オリジナルと復刻の違う箇所

奥のオリジナルと手前の復刻版で腕の形状が違います。

復刻版の方がやや丸くなっています。(ちょっと見難いです、すみません)

ここの形状変化で復刻前のスーパーパーツは装着不可になっています。アーマードパーツはOK。

何故なのかはわかりません。

 

復刻版とオリジナル版のファイター形態の比較

特に形状に大きな違いはありません。

タカトクの単品版はバトロイド形態の見栄えを優先するためキャノピーが真っ黒でドクロマークがついていました。

見栄えを壊さず手軽に交換できるよう改良された復刻再販版は本当にありがたいです。

 

尾翼スカルマークのデザイン変更

手前の復刻版はドクロマークのデザインが変更されています。

 

  

ノーズのパイロット名

右のタカトク版は 付属ステッカーで「H.ICHIJO」となっていましたが復刻版は元々の操縦者「ROY FOCKER」に変更。

 

バンダイ復刻版(タカトクトイス)1/55 VF-1Sバルキリー ロイフォッカー機でした。

 

 

original post from funtotoy2016/01/16
update2017-11-14