GA-01超合金マジンガーZ 第1期 ポピー
1999年バンプレスト復刻版(非売品)
オリジナル版  1974年発売 定価1300円

アニメ「マジンガーZ 1972~1974年放送 全92話」の主人公、兜甲児が搭乗するスーパーロボット。

「マジンガーZ」がロボットアニメ史の中でエポックメイキングであることは周知の事実ですが、ロボット玩具史からみても非常に重要な作品としてとらえることができます。

最初にポピーから発売したマジンガーZのおもちゃは「ジャンボマシンダー」という60cm超のポリプロピレン(シャンプーボトル)材質の巨大フィギュアでした。

その後、オイルショックに伴う材料の高騰やミニカーのヒーロー版という新たなおもちゃを模索し試行錯誤のうえ開発されたのが、子供の手になじむサイズとダイキャスト(亜鉛合金)を使用し重量感と硬質なディテールを盛り込んだ「超合金マジンガーZ」でした。

(ちなみに超合金というのは架空の材質で由来はマジンガーZの装甲からきています)

 

超合金マジンガーZ 箱表             

GA-01 超合金マジンガーZ(第1期)復刻版のパッケージ

こちらはゲームソフト「スーパーロボット大戦」を3種類買って応募する「メガトンキャンペーン」にてもれなくもらえた超合金第1期の「復刻版」。

この復刻版が発売された1999年は、海外アクションフィギュア・お宝ヴィンテージ玩具・超合金魂・スーパーロボット大戦などなどが非常に盛り上がっていた状況でした。

元祖超合金第1期のマジンガーZというのは、そんな中 絶好の復刻機会だったんじゃないかと思います。

とはいえゲームソフトを3本も購入するのはなかなかにハードルが高かったとは思いますが、逆に考えると当時の人気ぶりが伺えますね。

 

誌面でしか第1期のパッケージは見たことありませんが、再現度はかなり高く、オリジナルとの違いは東映アニメーションの版権シールデザインとSTマーク裏側の非売品表記以外そのままじゃないでしょうか?

ちなみに超合金のブランド名がシールになっているのは、オリジナルの第1期が発売した当初「超合金」というブランド名は決まっておらず急遽決定したためにシールで処理された様子を再現しています。(初期はポピニカブランドでダイカスト マジンガーZだったそうです)マニアックな詳細まで再現されていて感心します。

超合金ナンバー「GA-01」のナンバリングも後からついたもので初期のマジンガーにはありませんでした。

最初に発売された超合金シリーズ特有のジャンボマシンダーを使用したパッケージも素晴らしいですね。

 


超合金マジンガーZ 付属品

ロケットパンチ、アイアンカッター、胸のミサイル

足裏に「ポピー、1999 JAPAN」の刻印があります。

 

  

GA-01 超合金マジンガーZ 第1期 復刻版(Chogokin MazingerZ)

さすがにオリジナルの第1期ソフビ頭部は再現されていませんが、他はできる限り忠実に再現されています。

オリジナル版の付属品はアイアンカッターのみですが復刻版はロケットパンチが新規に付属。

実際に持ってみると想像よりもサイズが小さく重いことに驚きます。確かに子供が手にとって容易に持ち運べるサイズならこれぐらいがベストでしょうね。

 

後側には胸のミサイルを発射するスイッチがあります。

 

 

アイアンカッターを装着!

 

オリジナル超合金マジンガーZのバリエーションは多数確認されており違いを大きくわけると第1期~第4期に分類されます。

さらにマイナーチェンジや色違い復刻版なども含めると10種類以上はあります。

  1. 第1期(ソフビ頭部)
  2. 第2期 前期(スクランダー付属、箱サイズ変更)
  3. 第2期 後期(背中の形状変更)
  4. 第3期 前期(普及版、新規頭部造形、ミサイルボタン位置変更)
  5. 第3期 後期(ふともも、上腕がゴールドバージョン)
  6. 第4期(フルリメイク、パイルダーギミック搭載)
  7. 第4期(永遠の名作版 全身ゴールドバージョン)
  8. 第4期(俺がヒーロー版)
  9. バンプレスト復刻 第1期
  10. バンプレスト復刻 第1期ブラック

1期~3期まではすべて発売から1年以内のバリエーションです。細かい変更点はもっとあると思いますが、ざっくりリスト化するとこんな感じです。

他にもバリエーション違いが存在している可能性があります。(試作されていたノーマルロケットパンチ付属とかとか…)

 

オリジナルがどれくらい可動するのかわかりませんが、復刻版はこれぐらい可動します。

頭部とパンチ、放熱版以外はダイキャスト製。

 

  

ノーマルロケットパンチとアイアンカッター!

 

  

元祖ロケットパンチギミック!!

肩の基部にある赤いボタンを押してパンチを発射します。

マジンガーZでも超合金でも、代名詞的な武器とギミックです。(ロケットパンチギミックはジャンボマシンダーでもありました)

パンチの基部は円形なので角度を自由に変えることができます。

 

  

第1期を象徴する「胸ミサイル」も再現。

ミサイルを入れたまま胸パーツを閉じることもできます。

 

  

 

パイルダーの着脱はできませんがモールドが入っています。

 

マジンガーZ 頭部アップ

造形はオリジナル第2期に近い造形で材質はプラです。オリジナル1期とイメージが大きく異なる部分なので再現度の好みがわかれる所ですね。

また塗装も当時と違いしっかり塗装されているので良くなり過ぎて思い出のイメージと少し違うところかもしれません。

逆にいうと当時完璧に生産できていたらこういう姿になった、という理想の状態でもあると思います。

 

他の超合金マジンガー達と並べてみました。

左から「超合金魂」「超合金4期」「復刻版1期」「スーパーロボット超合金」

オリジナル版発売から2014年で40年。この復刻版でもすでに15年が経ってます。

 

GA-01 超合金マジンガーZ 第1期復刻版でした。

original post from funtotoy2014/11/29
update2017-09-18