GA-90 DELUXE超合金
スパイダーマン DXレオパルドン ポピー
1978年発売 定価2800円

  

東映製作の特撮番組「スパイダーマン 1978~1979年放送・全41話」よりヒーロースパイダーマンが乗り込む巨大ロボ。

劇中通り宇宙戦艦「マーベラー」から巨大ロボ「レオパルドン」へと変形。

この「東映版スパイダーマン」と前年の「大鉄人17」の人気が商業の面でも大成功を収めた結果、のちの戦隊ヒーローに巨大ロボが登場するきっかけになったそうです。

そう考えるとレオパルドンは大鉄人17と同じく、戦隊ロボの始祖的な存在でもあるといえますね。

たしかに、のちに発売されるバトルフィーバーやダイデンジンとコンセプトが似ています。

パッケージ上部には謎の「DX SPIDER-MAN」の表記があります。

パッケージ写真は劇中プロップのものでしょうか?カッコイイです。

またパッケージ裏面はいつもの透視図が描かれています。こちらも素晴らしい。

 

DELUXE超合金DXレオパルドン 付属品

パンチ、ソードビッカー小、ソードビッカー大、スパイダープロテクター、ミサイル、GP-7

 

  

DELUXE超合金 DXレオパルドン 宇宙戦艦マーベラー形態 (Deluxe Chogokin Marveller)

名前の由来は原作出版社の「マーベルコミック」からみたいですね。

戦艦でありながら艦橋部分はトラの顔というデザイン。後部にはメッキで噴射口が再現されています。

後の戦隊シリーズメカに繋がりそうなデザインラインを随所に感じることができます。

 

宇宙戦艦マーベラー サイドビュー

長く赤い尾翼がカッコイイです。底部にはダイキャストのタイヤがついていてコロ走行が可能。

 

マーベラー艦橋部分

成型色のみなのでわかり辛いですが細かくモールドが入ってます。

 

DELUXE超合金 宇宙戦艦マーベラー ギミック

先端にある黄色いボタンを押せばミサイルを発射できます。

 

付属のGP-7のミニチュア

スパイダーマンの乗り物「GP-7」が付属。

全長わずか1cmながらソリッドな造形で銀メッキ処理されています。

 

GP-7とマーベラーと比較

非常に小さいので紛失に注意ですが、このサイズ感がたまりません。

 

GP-7をマーベラーの艦橋へ収納するギミック

劇中と同じ流れを再現できますが、変形するときに落っこちてしまいます。

説明書にはこの遊びは表記されていません。

 

「チェンジ・レオパルドン!」

 

  

足の装甲は上下カバーが連動して動きます。

 

  

GA-90 DELUXE超合金 DXレオパルドン (Deluxe Chogokin DX Leopardon)

デザイン元は蜘蛛と鎧武者を合わせたもので黒ベースのカラーリングが非常に渋いです。

プロポーションも良く、細部のメカニカルなモールドも多く造形されており全体の質感や完成度は非常に高いと思います。

特に頭部造形はヒーローロボとは思えない非常にクセのある造形で個人的に大好きです。

変形工程もシンプルですが、パーツ移動や肩をあけて腕を出したり頭部を出したりとても楽しいです。

 

DXレオパルドン フロントビュー

個体差なのか顔がちょっと傾げた状態になってます・・・。分解してみましたが首部分の成型不良みたいです。

 

  

ギミック!アームロケット発射!!

腕のボタンを押すとアームロケット(ロケットパンチ)発射。

 

ギミック2

足の側面部分を動かしてミサイル発射ギミック発動!

 

スネのスパイダープロテクターを取り外しミサイルを取り付けることができます。

 

予備のプロテクターもミサイル発射部分に差込んでみました。

 

  

武器その1 ソードビッカー小を装備!

ミサイルを差したプロテクターを手に持たせてシールド&ソードみたいにしてみました。

 

武器その2 ソードビッカー大を装備!

オーバースケールのメッキ剣!このあたりも戦隊ロボに近いですね。

 

ポピーGA-90 DELUXE超合金 スパイダーマン DXレオパルドンでした。

 

 

original post from funtotoy2015/02/22
update2017-09-25