GB-37 超合金クリスタルカット
黄金戦士ゴールドライタン復刻版 バンダイ
2007年発売 定価4900円
(オリジナル版 1981年発売 定価3500円 ポピー)

  

超合金ゴールドライタン パッケージ

アニメ「黄金戦士ゴールドライタン1981~1982年放送・全52話」に登場するライター軍団のリーダーロボ。

こちらはドラえもん1979に続き、2007年に発売された復刻版です。

当時定価でもこのサイズで3500円はチャレンジだったと思います。

復刻版は2重パッケージ(写真なし)になっており中には忠実に復刻された箱(写真)が入っています。

箱までゴールドを意識した高級なデザインで「キューブ&ロボ」というキャッチコピーも秀逸。

 

超合金ゴールドライタン 内箱

内箱は赤いビロードのような、手触りの良い装飾がされた箱です。

基本的に超合金は発砲スチロールの内箱なので、この様な装飾はゴールドライタンシリーズだけのイレギュラーな仕様。

ゴールドライタンに対しては徹底した高級感を演出しているのがわかります。(こういうのって高級なお酒とか装飾品に使われてましたよね)

復刻版は本体だけでなくこういう部分も忠実に復刻してくれたので本当に素晴らしいと思います。

 

超合金ゴールドライタン 付属品

ミサイル、パンチ

 

  

超合金ゴールドライタン(ライター形態)

車や飛行機などのメカではなく、ほぼ1/1の「高級ライター」から変形という斬新な超合金。

クリスタルカットとは、高級ライターなどに使われているダイヤモンド刃を使い面を作りだす装飾加工技術です。

通常の玩具なら金型を使いメッキ加工してしまうそうなんですが、本物の高級感を追求するために金張りまで使用したそうです。(オリジナル版)

 

今回の復刻版も全く同じに見えるのでこの加工をしたのでしょうね。非常に美しいです

 

上下別々のパネルを開いて手と頭部、足を出します。

 

GB-37 超合金 ゴールドライタン(Chogokin Gold Lightan)

変形は非常にシンプルですが、手になじむサイズでクリスタルカットの触り心地との調和が素晴らしく、何度でも遊びたくなります。

とくに足の部分は本物のライターを開けるときと同じ様な感触になるこだわり。

いつもの超合金の「カチャン」ではなくZIPPOなどの「ギシュ」っとした音と感触を楽しめます。

 

  

ロボット形態でも美しいクリスタルカット

DX超合金の変形合体やギミック面でのゴージャス感ではなく、見た目の美しさや感触にゴージャス感を出した大人仕様。

そして頭部まで四角い、デザインもインパクト大でした。

サイズはスタンダードサイズの超合金で、どんどんと大きくなっていた当時の超合金の流れから原点回帰したともいえます。

 

超合金ゴールドライタン ギミック!

ボタンを押してパンチを発射できます。

 

 

  

「メカ道一直線!」

まえだれの内側にはミサイル発射装置がついています。(ミサイルは装着したままでも変形可能です。)

 

超合金ゴールドライタン復刻版とオリジナル版で比較

左は復刻版、右は1981年のオリジナル版。

オリジナルはかなり遊び倒し、経年もあるのでクスんでます。

ちなみに子供のときクリスタルカットを舌で舐めてました。

ピリっと金属の変な味がしたのを覚えてます(笑)子供のすることは予想外です。

 

クリスタルカット比較

形状の違いはみられません。

オリジナル版はクリスタルカットやメッキ加工に専門の加工技術屋さんから仏具屋さんまで総動員して生産されたそうです。

復刻版はMADE IN CHINAですが製造工程はどうだったのでしょうか。

 

ロボ形態比較

腕のモールドが多少違うくらいで全体はほぼ同じです。パンチやミサイルも復刻版から流用することができます。

 

  

内部の比較

ネジのウケ部分や、ミサイル発射基部のモールドなどに若干の違いがあります。

オリジナルの内部はゴールド塗装ですが、復刻版はメッキです。

板バネが肩や頭部の接続部分に入っており本物のライター同様の構造部分も同じです。

 

GB-37 超合金 クリスタルカット ゴールドライタン(復刻版)でした。

 

 

「おまけコーナー」

復刻版を並べてみました。

 

ゴールドライタン第一期復刻版

 

復刻版のゴールドライタンは最初に6体セットを発売をしたのちに単品も発売。

第二期版もプリントライタン以外は復刻されました。

これだけの数を忠実に復刻してくれたことに感謝の言葉しかありません。

 

 

original post from funtotoy2015/05/16
update2017-10-02