PC-39 DXポピニカ
ニュースーパーアベガ バンダイ
1983年発売 定価3980円

アニメ「光速雷神アルベガス 1983~1984年放送・全45話」に登場する飛行メカ。

3機のメカがそれぞれロボ形態へ変形、さらに合体して大型ジェットへ。

ポピニカらしいダイキャストの重量がありながら、クリアブルーの美しいキャノピーやメッキスラスターやモールドの造形など質感もしっかりしてます。

ディテールアップステッカーが付属していますが、欠品のため未使用です。

 


 

  

ジェットアルファ(Jet Alpha)

キャノピーの開閉はできませんが操縦席が造形されています。

シャープな翼、適度なモールドで質感も良く非常に見栄えのよい小型ジェット。

コロ走行が可能。

 

ジェットアルファ飛行形態

先端のランディングギアを収納できます。

 

  

ジェットロボ・アルファ

 

 

シューティングゲームに登場する自機っぽくて好きです。

 


 

  

ジェットベーター(Jet Beta)

見た目は完全にタンクですがアニメではこのまま飛行していました。

キャノピーの中には操縦席、反対側には砲台が造形されています。

メッキされたスラスターやモールドなどアルファに負けず質感が良いです。

大きなローラーが底部についており接地面の大きいガッチリとしたコロ走行をします。

 

  

ジェットロボ・ベーター

 

 

 

 

 


 

  

ジェットガンマ(Jet Gamma)

アルファと同じ戦闘機型ながらジャイロをつけた大型の翼で差別化されたデザイン。

3機の中では1番おもちゃっぽいですが逆にポピニカらしくて味があります。

 

ジェットガンマ飛行形態

前部のランディングギアを収納できます。

 

  

ジェットロボ・ガンマ

羽が足になる斬新なスタイル。見た目に反してガッチリ接地して安定しています。

 

 

 

 


 

「キミの想像を超えた超マルチ合体!」

 

 

ベーターから合体ジョイントを出し、アルファ、ガンマと合体させます。

 

PC-39 DXポピニカ ニュー・スーパーアベガ(DX Popynica New Super Abega)

色々な機体が合体していると1目でわかる、ゴチャゴチャっと色々合わさった夢の様な形態。

ガッチリと合体ジョイントにハマるのでフニャフニャすることはありません。

それぞれに解除ボタンがついているのも嬉しい点です。

 

ニュースーパーアベガ飛行形態

それぞれのマシンの赤いラインが良いアクセントになっています。

特にアルファからベーターへ流れる1本のラインは見所ではないでしょうか。

後部は非常に綺麗にまとまっています。

 

他にもニューになる以前の「スーパーアベガ」が存在しますがそちらは未発売に終わっています。

バンダイ PC-39 DXポピニカ ニュースーパーアベガでした。

 

 

original post from funtotoy2015/09/22
update2017-10-29