「バトルフィーバーJ」

戦隊シリーズ3作目「バトルフィーバーJ」 1979年~1980年放送 全52話。
バトルジャパン、バトルコサック、バトルフランス、バトルケニア、ミスアメリカ、5人のバトルフィーバー隊と秘密結社エゴスの戦いを描く。

モチーフ

  • モチーフは国家とダンス。
    元々、米マーベルコミックと組んで製作された「東映版スパイダーマン」の次回作として企画されたヒーローなため、国家という珍しいモチーフになったそうです。
    アクションにはフィーバーから由来するダンスを取り入れていました。

基地と司令官

  • 基地は海底に建造されたビッグベイサー。
  • 司令官は倉間鉄山 将軍。

変身アイテム&変身コール

  • 変身アイテムは使用せず、「バトルフィーバー」もしくは「フィーバー」と叫び回転することで変身完了。

集団必殺技

  • 集団必殺技は5人の武器「コマンドバット」を合体させ完成した砲台からミサイルを打つ「ペンタフォース(砲台タイプ)」。
  • もしくは、その合体させた武器をブーメランのように敵に投げつける「ペンタフォース(ブーメランタイプ)」の2種類。

敵組織&敵総統

  • 敵組織は秘密結社エゴス。
  • 敵総統はサタンエゴス。

敵怪人(エゴス怪人/悪魔ロボット)&一般兵

  • 各話に登場する敵のエゴス怪人は、爆弾怪人やゴースト怪人のように「〇〇怪人」という名称。(神子なので幹部よりも地位は高い)
  • ロボ戦に登場する巨大なタイプは、等身大怪人の弟(妹)・悪魔ロボットという別人設定で、爆弾怪人なら爆弾ロボット等「〇〇ロボット」になります。
    基本的には等身大サイズの怪人がピンチになると「弟よ~」と叫び巨大怪人を呼びだすシステム。(その為、大小2体の怪人が画面に存在する場面も)
  • 一般兵は頭部にグレーの大きなラインが入ったカットマン。

ワンポイント

  • 「ジャッカー電撃隊」で1度は終了したスーパー戦隊が再始動!
  • 本作からついに巨大ロボと大型母艦が登場!アクションに特撮にさらにスーパー戦隊のフォーマットが完成されます。
  • 現在はゴレンジャーからスーパー戦隊1作目として数えますが、一時期から1990年代まではバトルフィーバーJが戦隊1作目としてカウントされていました。
  • 劇中「ミスアメリカ」は「ダイアン・マーチン→汀マリア」、「バトルコサック」は「白石謙作→神誠」に交代。

 

 

No tags for this post.