DX大型基地 マックスマグマ
1990年発売 定価16800円

前年の続くターボビルダーに続く超巨大基地ロボ。箱のサイズはターボビルダーと同じサイズです。
価格はさらに上がり16800円に上昇。しばらくは歴代1番の高額アイテムでした。
マックスマグマっていう名前もカッコイイですよね。
合体説明ビデオも付属。

 

マグマベース(Magma Base)
ビルの様に立ちはだかる巨大なファイブマンの基地。
劇中ではこの中にファイブマンの居住区や食堂などの設備もあり、このままで大気圏外へ出る事も!

 

大型のアンテナと3連砲台で武装基地らしい一面も。

 

マグマベース リアビュー
後部には大きくスペースが設けられています。
ファイブマンのメカはもちろん、他の玩具やメカたちを並べても楽しいですよ。

 

マグマベース ファイブマシン格納状態
4機すべてのファイブマシンを配置。

 

 

「スカイアルファ発進!」
スカイアルファは上部の発進スペースに置いてあるだけです。
劇中ではアンテナ等が横に移動するアクションがありますが、玩具では残念ながら再現できず。

 

 

マグマベースの左ブロックがスライド!

 

 

ハッチオープン!

 

 

「キャリアベータ発進!」
玩具でできる基地発進遊びの中でも上位に入る凄いギミック。
とても好きな工程です。

 

 

ランドガンマ発進!
ハッチがオープン!中からランドガンマを発進させます。

 

スターキャリアは後部に配置
宇宙ロケットの様にスタンバイ。

 

「合体!マックスクロス!!」
スーパーファイブロボを格納する形でマグマベースが最終形態に変形!!
スーパーファイブロボは1部パーツを外します。

 

マックスマグマ(Max Magma)
ターボビルダーよりもしっかり分離変形をしてさらに人型にも近くなりロボット感が増しました。
また余剰パーツもほとんどなく、合体の最後には頭部パーツを上げる演出も燃えます!
サイズは高さ幅どちらも約50cm。

 

スーパーファイブロボを収納しなくても単体で合体状態を作ることも可能。

 

マックスマグマ頭部造形
サイズがあるため、細部までシャープな造形で凛としていて、とても良い顔をしています。

 

必殺ワザは「全門一斉射撃、ダイアモンドマックス!」

 

胸部は大きなクリアパーツのウィンドウなので中のスーパーファイブロボを視認できます!
前年のターボビルダーはあまり良く見えなかったので大きく改善されたことになります。

 

マックスマグマとスーパーファイブロボの大きさを比較
スーパーファイブロボもかなり大きいんですが…。凄いサイズ差です。

 

超大型DX基地ロボ第2弾!燃える発進シークエンスと燃える変形合体!でさらに進化!!
地球戦隊ファイブマン DX大型基地マックスマグマでした。

 

 

original post from funtotoy 2013/07/20
update2018-12-10