DX超合金 5連合体ターボロボ バンダイ
1989年発売 定価5800円

 

戦隊初のすべて車型メカでメカモチーフに完全統一。ロボは前作ライブマンからの3機合体から再び5機合体へ戻りました。

やや大人っぽいボックスデザイン。

ライブマンと同じく各メカの名称は玩具オリジナルのものとなっています。

ターボレンジャーのマスクデザインはすべてメカのフロントマスクの意匠が入っています。

 

 

ターボGT/レッドターボマシン(Turbo GT/Red Turbo Machine)

レッドターボが運転するレースカー型メカ。※劇中名称はターボGT

タイヤを収納した飛行形態が劇中に登場しますが、残念ながら玩具では再現できません。

後部にはメッキの大型スラスターが造形されています。

 

ターボGT サイドビュー

リアタイヤがフェンダーに隠れているのがカッコイイですね。

タイヤはゴム製でなめらかなコロ走行ができます。

 

 

ターボトラック/ブラックターボマシン(Turbo Truck/Black Turbo Machine)

ブラックターボが運転するトラック。※劇中名称はターボトラック

側面についているパイプはターボカノンに、後部のウイングはターボシールドになります。

大きなタイヤは全てゴム製でコロ走行はなめらか。

 

ターボトラック フロントビュー

パイプ、グリル、バンパー、ライト全てシルバーメッキで標準的な車玩具としても豪華な仕様です。

 

 

ターボジープ/ブルーターボマシン(Turbo Jeep/Blue Turbo Machine)

ブルーターボが運転するジープ。※劇中名称はターボジープ。

造形はコンパクトでシンプル。

 

 

ターボバギー/イエローターボマシン(Turbo Buggy/Yellow Turbo Machine)

イエローターボが運転するオフロードバギー。※劇中名称はターボバギー。

おそらく当時大流行だったオフロードミニ四駆にインスパイアされたデザイン。

 

 

ターボワゴン/ピンクターボマシン(Turbo Wagon/Pink Turbo Machine)

ピンクターボが運転するワゴン車型マシン。※劇中名称はターボワゴン。

カラーリング的には救急車を思わせます。

 

「合体シフト!ターボロボ!」

 

 

DX超合金 5連合体ターボロボ(Turbo Robo)

合体ギミックの複雑な部分はほぼターボトラック1台が担当、他メカは積み上げるようにシンプルにわかりやすく合体。

ターボジープとターボバギーはほぼ変形せず足首オンリーですが、見た目に絶大なインパクトがあります。

ターボレンジャーのモチーフ、「車」がすぐにわかりますよね。

足首の車だと似た感じで「ポピー、ダイラガーXV」がありました。

モチーフのシンプルさ、合体のわかりやすさ、バブル期という日本の時代背景が功を成し歴代戦隊1号ロボの最高販売記録を保持しているそうです。

 

足の接地面はタイヤなのでそのままだと動いてしまうので台座パーツが付属。

 

ターボロボ頭部造形

ターボGTのボンネット模様が胸のアクセントに効いています。

頭部造形はエンジンをイメージした車モチーフらしい頭部造形。

ダイナロボ以来のゴーグル目の1号ロボですが、劇中では内部に目が光っていました。

コスト的造形的に難しいとは思いますが、ゴーグルをクリアにして内部に目が造形されていれば印象も大きく変わったと思います。

鼻と口は凄くリアルに造形されています。

 

付属武器ターボカノン

取り外したターボトラックのパイプを使用。

 

高速剣&ターボシールド

必殺ワザは「高速剣ターボクラッシュ!

 

ヒーローのモチーフとさらなるリンクでシンプルにわかりやすさを徹底した戦隊ロボ!

高速戦隊ターボレンジャー バンダイ DX超合金 5連合体ターボロボでした。

 

 

original post from funtotoy 2013/07/15
update2018-12-09