ダイアクロン
ダイアアタッカー タカラ
1980年発売 定価2900円

 

ワルダー軍団の要塞を攻撃するために開発された多目的変身ロボ。
ロボから超音速重爆撃機にチェンジします。

 

箱サイドに描かれたイメージイラスト
製品とは色々違いますが、頭部が赤くなっているのが大きな違いですね。
非常にカッコイイ イラストです。

 


ダイアアタッカー付属品
シール、ミサイル小5発、ミサイル大3発、パンチ2個、戦闘機2機、小型機、アンテナ2タイプ
アンテナジョイント、ダイアクロン隊員3体

ダイアクロン隊員は初期型が付属。(隊員は発売時ボックス封入のものと色が違います)
他にもシールとシールの貼り付け図面が付属します。
説明書は付属しないようで、箱の裏面に遊び方が掲載されています。

 

 

 

ダイアアタッカー (Dia Attacker)
可動部は腕のみ。胴体と腿はダイキャスト製。
つま先ミサイルがいい感じです。
背中の小型機は取り外して遊ぶことも可能ですが、接続部が非常に危うい構造なため基本取り付けています。

 

ダイアアタッカー 正面

 

ダイアアタッカーパンチ発射!

 

 

ダイアクロン隊搭乗!
パンチ溝の底には鉄板が入っているので隊員を立たせることができます。またパンチを取り外して戦闘機を取り付けることも可能。
戦闘機はパンチと同じく発射できます。

 

 

頭部のアンテナ交換
何故かメッキと黄色成型の2タイプが付属。メッキタイプはもちろん、黄色もおもちゃらしくて良いですね。

 

 

隊員と並べた時のこの巨大感が素晴らしいです。やはりインチマンの存在は大きい。

 


「スペースアタッカーへスーパーチェンジ!!」

アンテナを取り外し、小型機のジョイントへ装着、胸を下げ、背中をまわし腕を後ろに折り畳みます。

 

つま先を伸ばし、足を展開、股間のコクピットを伸ばします。
最後に戦闘機をとりつけて完成!

 


 

超音速重爆撃機 スペースアタッカー フロントビュー
全体的にトゲトゲしたフォルムとミサイルが6発も露出しており非常に攻撃的なSF爆撃機形態。

 

超音速重爆撃機 スペースアタッカー リアビュー
後部にはメッキ仕様のスラスターも備えておりキラキラワクワクします。

 

ロボット時のパンチを取り付けたままの状態
これはこれでロボに変形する飛行機感があっていい感じです。

 

ダイアクロン隊 搭乗!
スペースアタッカーモードでは5人乗せることができます。
先端部の両サイドの席は鉄板入り。

 

 

更に下部の戦闘機に2人乗せれば合計7人乗りにも!
やはり隊員が沢山乗せると密度感が増してテンションがあがりますね。

 

最上部の後部に角パーツのアクセントもいいですね。近未来感があります。

 

「スクランブル!戦闘機発進!」
下段の戦闘機が発進するときはサイドが展開するという設定を考えてみました。
大型戦闘機から小型戦闘機が分離発進する熱い展開。
隊員同士の発進コールが聞こえてきそうです。

 

なんとなく移動要塞形態!
アタッカーフォートレスと命名。この状態で低空移動する感じ。

 

なんとなく基地形態!
アタッカーベースと命名。

 

 

–とあるダイアクロン隊の風景–
整備するダイアクロン隊です。
こんな風に飾るのもダイアクロンらしい遊びの1つかと思います。

 

ダイアクロン ダイアアタッカーでした。

 

 

original post from funtotoy2015/10/14
update2018/06/05
update2020-05-15