ダイアクロン
ロボット要塞X タカラ
1982年発売  定価7800円

 

ロボットベースに続くダイアクロンロボット基地 第2弾。

内部にはスカイベースの「シューティングウェイシステム」をより豪華にした「シューティングラインシステム」を備えています。

大迫力のイラストを中央に配置しつつもウィンドウもあるパッケージデザイン。(パッケージ表面は強く退色してます…)

箱サイズは縦40cm 横28.5cm。肉厚で大きいです。

当時のおもちゃ売り場でも凄い迫力だったんじゃないかなと思います。

 


 

ロボット要塞X 付属品

フットシューター2機、Xジェット1機、Xアタッカー1機、カプセル3個、ダイアクロン隊員5体

ダイアクロン隊員は普及版が付属。

 

ロボット要塞X 説明書(コントロール・マニュアル)とシール

コントロール・マニュアルは豪華なフルカラー写真です。高額フラッグシップアイテムだというのがわかりますね。

シールは未使用。

 

付属のダイアクロンカタログ

B5サイズの大きいカタログで写真やイラスト、ストーリーを大量に掲載。

SFダイアクロンのラインナップを網羅しているだけでなく新展開のカーロボットも初期発売分が掲載されています。

 


 

ロボット要塞X(Robot Fortress X)

ワルダーの月面基地を破壊する為に攻撃と防衛をより強固にした新型ロボット。

メタリックブルーで明るい印象のロボットベースからブラック&ダークブルー(濃紺)の渋いトーンへ。

どことなく昔のブリキロボットのカラーリングを思わせます。

デザインもよりゴツくメカ兵器らしいものへ変化。

よりグッとSFダイアクロンの世界へ入り込める見事なデザインです。

 

 

腰には要塞空母も1撃で溶かすフリーゾン・デスト・レーザーが2基。

左右非対称の腕にはXジェット、Xアタッカーを配備。

肩には大型スラスターが左右2基ずつ装備。特にギミックはありませんが色を含め良いアクセントになっています。

ボディの1部にダイキャストを使用。

足底が大きいのもあって見た目と通り重量があります。

大きさはアンテナを含め約38cm。

 


濃密なデザインとディテールの嵐。

 

 

 

 

 


 

FORTRESS ROBOT X!!

 

 

 

シューターギミックを内蔵しているため可動部は肩と肘のみ。

 

「ワルダーを叩け!ダイアクロン隊!!」

 


 

 

Xジェット(X Jet)

フリーゾン・マルチガンを装備、マッハ3で飛行。

キャノピーと砲門が動きます。

 

 

Xアタッカー(X Attacker)

フリーゾン・マルチレーザーを装備、マッハ7で飛行。

キャノピーと砲門が動きます。

ジェット、アタッカー共にカプセルを使用して隊員が搭乗するので、そのままでは隊員遊びはできません。

 

 

フットシューター(Foot Shooter)

底部には車輪がついていてコロ走行できます。

 

前部にはダイアクロン隊員、後部にはカプセルが搭載可能。

 

  

カプセル

上部のカバーを開きダイアクロン隊員を収納します。シューターギミックの要。

 


 

 

フェイスカバークローズ!

 

ブレストカバーオープン!!

 

「シューティングラインへ移行せよ!」

頭部カバーを閉じ、ブレストカバーとセンターカバーを開きます。

足のカバーを外してシューティングライン遊び準備完了。

 


 

ロボット要塞X ギミック

「シューティングラインNo.1」

左足から右足へカプセルが移動!!

 

 

1.カプセルを搭載したフットシューターを左足にセット。

 

  

2.左足ステップライザーのレバーを押すとフットシューターからカプセルが上昇。

 

  

3.頂上まで辿り着いたらレバーを押してカプセルをセンターエリアに移動。

今度は頭部のレバーを押してセンターエリアーを上昇!

 

 

4.カプセルがオペレーションエリアに到着。

 

 

5.カプセルキャッチャー(シルバーパーツ)を中央に移動させレバーを上げてカプセルをキャッチ!

 

 

6.シルバーのスイッチを押して黄色いブロックパーツを上げカプセルキャッチャーをシューターの入り口に移動します。

 

 

7.キャッチャーのレバーを下げ、カプセルをシューターへ落とします。

黄色いブロックパーツを押し込むとシューターの通路が連動してオープン。カプセルが右足へシュート!

 

 

8.カプセルが右足フットシューターに自動搭載。

右足後部のスイッチを押してフットシューター発進!!

 


 

「シューティングライン No.2&3」

カプセルが右腕、左腕に移動!!

 

 

1.キャッチしたカプセルを右腕側に移動させます。

 

 

2.キャッチしたカプセルを離し、キャッチャーをセンター側へ移動させ、レバーを上げます。

キャッチャーでカプセルを端に押しバネでガッシャンとカプセルを落とします。

 

 

3.カプセルがシュートされXジェットに搭載。

 

 

4.肘後部にあるボタンを押してXジェット発進!!

 

同じ操作で左腕、Xアタッカーにカプセルをシュート。

 

 

Xアタッカー発進!!

 

肩から直接カプセルを入れてジェット・アタッカーに搭載することもできます。

 

 

左肩部分からもカプセルをシュート!左脇腹からカプセルが出現!

 


 

「アストロベースへ変形!」

シューティングラインの状態から足を取り外し肩の下に装着します。

 


 

要塞基地アストロベース(Astro Base) 

左足のフットシューターでオペレーションルームへ

オペレーションルームから右足のフットシューターに乗り込み発進する遊びができます。

 

アストロベース リアビュー

ゴツゴツと色々張り出していて非常にカッコイイデザインです。

 

アストロベース フロントビュー

 

 

オペレーションエリア

底には鉄板が貼られています。(シール未使用なのでちょっと寂しい感じです…)

 

 

頭部脇のブロックパーツ、肩にも鉄板が貼られているのでダイアクロン隊員が乗せられます。

 

 

ドッグエリア

スネカバーを外すと鉄板が貼られているので隊員をくっつけられます。

緊急時は手動でシューティングラインを操作してるなどの設定を考えても楽しいです。

 

「第3次アタックシステムに突入!!」

 

 

ロボットベースと比較

ロボットベースが45cm、ロボット要塞は38cm。

サイズはロボットベースの方が大きいですが密度はロボット要塞のほうが上ですね。

 

激化するワルダー帝国との戦い…。

 

 

タカラ ダイアクロン ロボット要塞Xでした。

 

 

original post from funtotoy2015/11/12
update2018/06/08