「BEAST MACHINES」

1999年に海外で放送されたBeastWarsの続編にあたるフルCGアニメの最終章。(1999~2000 全26話)

物語は、よりダークに、キャラクターもメカと生物が融合した更にエクストリームなデザインへ変更。

マクシマルズが敵対する勢力はプレダコン(Predacon)からヴィーコン(Vehicon)へと変わります。

 

玩具初期シリーズは開発環境により劇中イメージと異なるものが多くありましたが、後期販売シリーズの「Battle for the Spark」より劇中のデザインに寄せられました。

また玩具のみのオリジナルシリーズ「DINOBOTS」や「Deployers」、「Beast Riders」も同時にビーストマシーンズシリーズで展開。

 

残念ながら商業的にうまくいかなったようで、開発されてはいたものの発売キャンセルとなったアイテムが多数出たものの、無事次回作のR.I.Dで発売されました。

R.I.Dで発売された本来BMで発売する予定のアイテムもこちらにリストしています。

 

「BEAST WARS RETURNS」

日本では「ビーストウォーズ リターンズ」として放送局限定で2004~2005年にかけて放送。

玩具はメインキャラクターを中心に劇中に近いカラーリングでトイザらス限定にて発売しました。

No tags for this post.