【BLOG】ポピー 超合金バトルフィーバーロボ、バトルコンビネーション2(DXバトルシャーク)

「GB-03超合金バトルフィーバーロボ」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。

 

「バトルコンビネーション2(DXバトルシャーク)」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。

 

バトルフィーバーJの主題歌は作品名と同じ「バトルフィーバーJ」。

戦隊らしい爽やかでスピード感のある曲。イントロを聴くだけで、この時期の宙明先生のイントロだなとわかる感じ素敵です。

そしてやっぱり「バトルフランス(ウィ)、バトルコサック(ダァ)、バトルケニア(ンディオ)、ミスアメリカ(イェー)、バトルジャパン(オォー!!)」の部分。いいですね、このフック。ヒーローの個性をガッツリ全面に押し出し超強力なインパクトになっています。ちょっとユニークですけどやっぱり熱いものを感じます。得にバトルジャパンがタメて元気よく入ってくるところが最高。

そしてこの後に「きみもきみも」の流れから王道のヒーローソングになるところもたまりません。歌詞も熱いです。

ちなみにバトルコサックの「ダァ」はロシア語のイエス、バトルケニアの「ンディオ」はスワヒリ語のイエスだそうです。

 

エンディングは「勇者が行く」

演歌かと思うくらいドラマチックなしっとりとしたイントロでヒーローの心の内と決意を歌ったエンディングらしい1曲。

途中の「ワァオ!!!」から少しずつ変化しラストの「俺もおまえもおまえも俺も!」の辺りはグッと力が入り盛り上がります。

個人的にはその時のバックのバイオリン(たぶん)とベースも凄く好きですね。

ガーっと盛り上がったあとに押し寄せる余韻のメロディーも本当に素晴らしいと思います。

2曲とも歌っているのはMojoさん。熱さと爽やかさが同居する素敵な歌声の持ち主でこの後の戦隊ソングも担当されています。

作曲は前述のとおり、渡辺宙明先生。作詞はオープニングが山川啓介 先生、エンディングが矢手三郎氏。