「大戦隊ゴーグルファイブ」

戦隊シリーズ6作目「大戦隊ゴーグルファイブ」1982年~1983年放送 全50話。
本郷博士がつくった未来科学研究所に選ばれたゴーグルレッド、ゴーグルブラック、ゴーグルブルー、ゴーグルイエロー、ゴーグルピンクの5人と総統タブーが率いる暗黒科学帝国デスダークとの戦いを描く。

モチーフ

  • モチーフは古代文明とその象徴の宝石。
    アクションには新体操が組み込まれました。
    ※実際は古代文明と宝石よりも、新体操の方がモチーフに近いと感じました。

基地と司令官

  • 基地は後楽園球場の地下にある未来科学研究所。(球場の電話ボックスからシューターを通してアクセスできる)
  • 組織を作った本郷博士は早々に基地を離れてしまう為、上官のような司令官は存在せず、支援するキッズオペレーターとサポーターで大戦隊を支える。

変身アイテム&変身コール

  • 変身アイテムは腕にはめた「ゴーグルブレス」で変身。
  • 変身コールは「ゴーグルファイブ!」。

集団必殺技

  • 集団必殺技は、5人が集まり櫓(やぐら)を組んだ状態で武器「ゴーグルサーベル」からV字ビームを発射する「ゴーグルビクトリーフラッシュ」。
  • 後期は強化されたゴーグルサーベルを組み合わせ1つの大きな槍を形成、それを4人が組んだジャンプ台でレッドが投擲する「ゴーグルゴールデンスピア」。

敵組織&敵総統

  • 敵の組織は暗黒科学帝国デスダーク。
  • 総統は総統タブー。

敵怪人(合成怪獣/巨大ロボ)&一般兵

  • 敵合成怪獣(怪人)は「タコモズー」や「ネズミモズー」のように「〇〇モズー」という名称。
    今作においては怪人は巨大化せず、倒されると別に制作された巨大ロボが敵基地から出撃。
    倒された合成怪獣は回収されリフレッシュパワーという再生光線を浴び巨大ロボの操縦者となります。
    基本的にはロボットは怪人時と同じで姿ですが、足のみ造形が鉄巨人のような造形に変更。名称も「〇〇コング」となっています。
    ※話数によってはモズーとコングで全くの別デザインのパターンもありました。
  • 一般兵はタイツが迷彩模様のマダラマン。

ワンポイント

  • 今作では初めて戦隊メンバーにブラック(黒)が登場。
  • ゴーグルファイブを基地でオペレートするコンピューターボーイズ&ガールズ(略コンボイ)という少年少女団が登場。
    直接的に子供がヒーローを支援する設定が斬新でした。
  • ゴーグルロボで3体変形合体を実現。

 

 

No tags for this post.