「科学戦隊ダイナマン」

戦隊シリーズ7作目「科学戦隊ダイナマン」1983年~1984年放送 全51話。
ジャシンカ帝国の侵略から地球を守る為、夢野博士が結成した五人の科学戦隊ダイナレッド、ダイナブラック、ダイナブルー、ダイナイエロー、ダイナピンクがダイナマンとなって戦う物語。

モチーフ

  • モチーフは科学(&爆発)。
    ※元々は野球戦隊として製作されていたそうでメカやスーツのデザインなど随所に野球の名残があります。

ダイナマンの基地と司令官

  • 基地はダイナステーション(夢野発明センターの地下)
  • 司令官は夢野 司令官(普段は夢野発明センターの所長を務める陽気な発明家 「夢野久太郎」)。

変身アイテム&変身コール

  • 変身アイテムは腕に装着した「ダイナブレス」
  • 変身のコールは「ダイナマン!」

集団必殺技

  • 5人が空中へ飛び「爆発」と唱え光球になり体当たりする「スーパーダイナマイト」。
  • 後半は5人が空中で爆炎をまといながら「大爆発」と唱え、組み合わさり巨大な火の球となって体当たりする「ニュースーパーダイナマイト」。

敵組織と敵総統

  • 敵組織は有尾人一族ジャシンカ帝国。
  • 敵総統はアトン帝王。

敵怪人(進化獣/メカシンカ)&一般兵

  • 敵怪人は進化獣と呼ばれ、サソリシンカやタコシンカのように「〇〇シンカ」という名称。
    等身大バトルで倒されると自動的に巨大化。(細胞巨大増殖させ進化する)
    後半には2つのモチーフを組み合わせた強化型のメカシンカが登場。
    名称に〇〇シンカは使用されず「ミサイルザリガニ」、「ロケットタイガー」のように組み合わせたモチーフに由来した名称でした。
    等身大バトルで倒されると、回収されビッグバンビームを浴びて再生・巨大化。
  • 一般兵は全身に緑でスイカのような模様が入った「シッポ兵」。

ワンポイント

  • ダイナマンの名の通り、戦隊最大量の火薬が使用されアクションシーンは爆発につぐ爆発、非常に派手で見ごたえのあるものに。
  • 敵のジャシンカ帝国にはメギド王子という美形キャラクターが配置されたり、ダークナイトという謎のライバル戦士が登場。
    (個人的には敵デザイン全般が凄くカッコイイと思います)
  • 上記のライバルキャラや敵側の権力闘争を描くことで、より物語へ深みが与えられました。

 

 

No tags for this post.