【BLOG】GC-20 DX超合金バビロス バンダイ

「GC-20 DX超合金バビロス バンダイ」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。


バビロスが登場するシャイダーのオープニング曲は、タイトルそのままの「宇宙刑事シャイダー」。

イントロの女性コーラスを聴くだけで宇宙刑事の歌だとすぐにわかる感じが素晴らしい。

フツフツと湧く闘志を表現していて静かにジワジワと熱くなる曲。あとベースがカッコイイですね。

 

エンディングは「ハロー!シャイダー」。

ギャバンやシャリバンではエンディングもオープニング同様、硬派な感じでしたが、シャイダーのエンディングは歌詞にヒーローの等身大というか親しみを感じさせるものになっています。

メロディはとてもエンディングらしく心地良く耳に馴染むメロディ。

でもやっぱり熱くてカッコイイんですけどね。(笑)

伴奏には女性コーラスがフューチャーされてたり、ヅキヅキ鳴るクラビネットやベースなど、ファンキーな要素がたっぷり入ってます。

どちらの曲も歌は串田アキラさん、作詞は山川啓介さん、作曲は渡辺宙明さん。

 

そして挿入歌に巨大母艦「バビロスの号の歌」もあります。歌は串田さん。

イントロの伴奏だけで超次元戦闘母艦の巨大感・スケールが伝わってきます。

歌詞も終始バビロスの凄さを語る内容なんですが、サビ前の「銀河にまた1つに生まれる神話」というフレーズや、サビの「バビロス(バビロス)」というボコーダーかな?トーキングボックスみたいなロボットぽいエフェクトとか色々とシビれます。

 

そしてシャイダーの挿入歌といえばもう1つ、そう「不思議ソング」。

とてもインパクトのある曲でちょっと怖いんだけど本当に不思議な旋律の歌と伴奏なんですよね。

気持ち悪い感じもするし安らぐ感じもします。バリエーションも3パターンあって3パターン目の女の子のコーラスが中心のも不思議な感じでとても良いです。ほんとに魅惑的で不思議です。