「グリッドマン超神合体だ!脅威の装着合体編!!」

アシストウェポンがグリッドマンに合体!

 

 

ゴッドタンクの合体!

グリッドマンの足裏ジョイントをつかってゴッドタンクに乗せます。
ゴッドゼノンの時とは反対に折り曲げます(ここが面白い!)

 

 

見事にグリッドマン足を挟み込み、タンクのクローラーを動かしてカバーにします。
ゴッドキャノンは一度取り外すと変形が簡単ですが、装着したままでも一応はできます。
ゴッドゼノンの足とは上下と表裏が反対の凄いアイデア。シンプルかつ効果絶大。

 

 

ツインドリラーの合体!

ツインドリラーは上下左右に4分割します。

 

グリッドマンの肩と腕に装着!

これだけでもパワーアップ感が凄いです。

 

 

サンダージェットの合体!

底部を展開します。

 

 

底部のパネルを回転させ向きを変えます。
このあたりの変形は一見複雑に見えて構造を理解するとシンプルで凝った変形です。ゴッドゼノンとはまた違う解釈で面白い。

 

 

変形させたサンダージェットをグリッドマンに装着!

 

 

ゴッドゼノンの腕を変形させ背中が完成!

パズルのように変形して外側に出ていたゴッドゼノンの腕が見事に内側へ移動します。
個人的にここの変形も大好きです。

 

 

サンダージェットの機首を上げて背中に固定します。
このコンパクトさもいいですね。先に書きましたがサンダージェットを見事に折り畳んだ状態になります。

 

 

最後に頭部に入っているメッキの角をあげます。

 

完成!DX超神合体サンダーグリッドマン!!

アシストウェポンの開発していた一平がグリッドマン支援のために考えだした更なる形態。

劇中ではスケッチにアイデアを描きためていました。(実はすでにその時ドラゴンフォートレスのラフも入っていたり…)
合体前は「超神合体」ですが、合体後はなぜか「合体超神」と呼び名が前後しています。
海外版のSSSS(スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド)ではシンクロ(Synchro)という名称。

 

 

合体超神DXサンダーグリッドマン(THUNDER GRIDMAN)

特撮ヒーローだったグリッドマンが見事に特撮巨大ロボへチェンジ。
プロポーションも良好で造形もシャープ、さんざん上記しましたが変形もとても面白いです。
効果的に使われている頭部のクリアパーツや胸のメッキなど玩具的なキラキラ感も素晴らしいと思います。
劇中ではガンガン攻撃を受けても、全く怯まずに前進する姿が印象的でした。
これだけパワーアップした姿でも基本的には直接殴る蹴る肉弾戦を得意としていて、怪獣を殴りまくります。
第18話においてハッカーの少年にサンダージェットのデータを破壊され消滅するも、のちのエピソードでパワーアップして復活。(見た目は同じ)

 

 

サンダーグリッドマン頭部造形

バイザーはオレンジのクリアパーツでとても見栄えが良いです。
頭部造形もシャープでとてもカッコいい。なによりデザインが素敵。

 

残念ながら中のグリッドマンの目の位置とバイザーはあっていませんが、頭部はちゃんと確認できます。

 

 

サンダーグリッドマン可動

可動はさすがに腕が動くぐらいで他は動きません。
また上半身が重いので少し前傾してしまいがちです。(こちらはひと手間かけて足関節を強化しています)

 

必殺技「ドリルブレイク」

肩のドリルを怪獣にめがけて発射!
(劇中はドリルユニットだけ飛ばしました)

 

必殺技「サンダーグリッドファイヤー」

胸の中央部分から強烈な火炎放射を出します。

 

必殺技「サンダーグリッドビーム」

グリッドビームのサンダーグリッドマンバージョン。
サンダーグリッドマン時はこの技がフィニッシュ技になります。

同様にサンダーグリッドマン状態でもフィクサービームも出します。

 

ゴッドゼノン同様にタンクキャノンが動くので向きを変えて射撃体勢にできます。
設定のみ存在する頭部のビームや角から起こす雷などの一斉射撃で「サンダーグリッドバスター」などと命名。

 

サンダーグリッドマンに武器を装着!

拳に穴があるので武器を持たせることもできます。
劇中では一切武器をもちませんが、玩具オリジナルでグリッドマンソードを持たせることもできます。

 

サンダーアックスも持たせてみました。
グリッドマンソードよりもこちらの方がなんとなく似合う気がします。

 

絶対あり得ないサンダーグリッドマン二刀流

グリッドマンソードもサンダーアックスもややオーバーサイズ気味なので違和感はありません。

 

タカラ DX雷神合体ゴッドゼノン&DX超神合体サンダーグリッドマンでした。

 

 

original post from funtotoy2013/01/06
update2017-12-14
update2019-06-15