【BLOG】ダグラム デュアルモデルシリーズ

「デュアルモデル ダグラム 1/48 ダグラム タカラ」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。

 

「デュアルモデル ダグラム 1/72 ブロックヘッド タカラ」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。


太陽の牙 ダグラムのOP曲は「さらばやさしき日々よ」。
リアルロボットの中でも特に重いメッセージの曲といったら、このダグラムの曲でしょうか。
ダンダンダンと運命が音を立てて動きだすような、もしくは巨大ロボが立ちあがるようなインパクト大なイントロ。
その後にポツポツとゆっくり踏みしめるように歌が始まり、サビでは想いが込み上げ、感情が溢れだす感動的な展開。
「いつの日かと恐れていた」「さらば優しき日々よ」「もう戻れない」等、作品の世界観を反映した重厚な歌詞も凄いです。
通常アニメオープニング曲ならテンポが早く軽快で勢いがあるところですが、ミドルテンポのバラード調でこの決意を背負う感じは強烈でした。
大人になって聴くと音も詩もより一層重く響くと思います。

エンディング曲は「風の行方」
オープニング曲とはまたニュアンスの違う寂しさ募る曲。
こちらはエンディング曲なのでしっとりした感じが似合いますね。
「ルルル~」で始まり懐かしいキーボードの音(たぶん、でも凄い素敵な音)、チョーキングのエレキギター、指弾きのアルペジオだと思うのですが、そこにドラムとベースがタイトに入って楽器全体から儚い感じが出ています。

2曲とも作詞は監督兼、原作でもある高橋良輔氏、作曲は冬木透先生、編曲は武市昌久先生。
冬木先生は特撮シリーズでお馴染みの作曲家先生ですね。主題歌2曲の他にもダグラムの劇半も担当されています。
武市先生は数々の特撮やアニメソングを作曲・編曲されている方です、有名曲が多過ぎて上げきれませんね。

そして歌っているのは麻田マモルさん。
低く豊かにのびる素晴らしい声でダグラムを熱唱。
残念ながらアニメソングへの参加はダグラムの主題歌・挿入歌の4曲のみ。
もっともっとアニソンを歌って欲しかった方のお一人です。
しかしながらこのダグラム1作でもアニメソング界に凄い功績を残されたと思います。