【BLOG】タカトク ビルドプラン ダイケンゴー

「ビルドプラン ダイケンゴー タカトクトイス」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。


ダイケンゴーのオープニング曲はストレートな名前の「宇宙魔人ダイケンゴーの歌」。

アニメでは冒頭にナレーションが入り、ピロリロリンという未来感あふれる気持ちよいシンセ音で曲がスタートします。

ちなみに間奏で入る太いシンセ音(ベースのエフェクト音?)もとても良いアクセントになっています。

歌っているのは堀江美都子さんとこおろぎ’73さん、ザ・チャープスの皆さん。

作曲は小林亜星さんで雰囲気的にもボルテスVに近いニュアンスをもちつつも80年代の到来を予感させる未来感のある曲。

堀江さんのソロパートになる「宇宙を駆け~る」からの展開は特に熱くなります。

堀江さんの歌のパワーに、ころおぎ’73の皆さんのコーラスが包む感じいいんですよ。

あと歌詞で大輪剣(だいりんーけーんー)という ところがあるんですが、「んー」を伸ばすのって凄く難しいところなのに

しっかりと伸び伸びとパワーを落とさずに歌う堀江さんに痺れます。

 

エンディングは「宇宙の男ライガー」。

名前の通り、主人公ライガーのワイルドっぷりを表現したアニソンらしいエンディング曲。

歌っているのはMojoさん、オープニングでも歌っていたザ・チャープスさんもコーラスで参加されています。

Mojiさんのワイルドな歌唱が見事にハマっていてスケールの大きい男気を感じます。