【BLOG】タカトク オーガスシリーズ

「オーガス オーガロイド タカトクトイス」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。


「オーガス ガウォーク・ナイキック タカトクトイス」

※画像・文字クリックで詳細ページへ移動します。


オーガスのオープニング主題歌は「漂流~スカイハリケーン~」。

ロックバンド「SHOGUN」にも参加されていたケーシー・ランキンさんが作曲、歌を担当されていました。
どおりでカッコいいわけですね。

ピアノが入った爽やかなロックソングで解放感と疾走感が最高の1曲。

イントロでドラムのフィルインと同時に入る「オーガス」というシンセボイスが近未来感を演出しています。

ちょっと面白いのがドラムで、イントロのフィルインやドラムが2重に鳴っている場所があったりします。

ミックスも特別音が大きいわけではありませんが、瑞々しい音でドラムがミックスされているのも特徴です。

また間奏でおそらく12弦ギターと思われるソロも凄くいい味が出ていますよね。

 

エンディング主題歌は「心はジプシー」。

賑やかなコーラスの反面、哀愁が漂うエスニックなED曲。

こちらも前年のマクロスに引き続き、当時のアニメソングでは珍しい大人っぽい曲。

「ヒャッホー」とか「プルルルル」といったテンションの高いコーラス?掛け声も雰囲気があります。

どちらも作曲はケーシー・ランキンさん、作詞は三浦晃嗣さん。

作詞の三浦さんはドラムマガジンに名前を連ねる名腕ドラマーでもあるんですが、もしかしてこの2曲で聴こえる芯がありドラマを感じる素敵なドラムは三浦さんなんでしょうか。

聴けば聴くほど気になりますね。